住宅の悩みは全てみのり開発に相談しよう!

大阪で家探し

女性

特徴や周辺情報

大阪府寝屋川市は特例市の中でも面積が狭い地域です。北河内地域と呼ばれる四條畷市や高槻市、枚方市に接してしおり、交通の利便性の高く、都市部にすぐ行ける場所にあります。寝屋川市の名称は、中心を流れる寝屋川からきており、水と共生しています。人口密度は吹田市に次いで2番目に高い都市です。その寝屋川市で不動産を探す場合、まずエリアを決める事と探しやすくなります。エリアは大きく4つに分かれています。その4つとは京阪本線の香里園駅の東と西側、そして寝屋川市駅周辺と学研都市線東寝屋川駅周辺です。香里園駅の東側不動産は一戸建てが目立つエリアです。閑静な住宅街が多く、区画の広さは平均で100平米から150平米と充実しています。また、価格は新築一戸建てで、4000万円前後で推移しています。一方、香里園駅の西側不動産は、マンションが多いエリアです。新築マンションよりも中古マンションが多く、2000万円前後が平均になっています。そして、京阪本線寝屋川市駅周辺では、マンションも一戸建てもバランスよく建てられている地域です。4つのエリアの中でも一番不動産需要の高いエリアです。その理由は平坦な地域である事が挙げられます。坂が少なく車でなくても生活に必要な買い物や通勤・通学ができる事が、人気の理由の1つと言えます。最後に東寝屋川駅周辺は、JR学研都市線にある事から交通の利便性が高いエリアです。利便性が高いエリアですが、比較的価格相場は抑えられています。寝屋川市はこの様にエリアにより多少差はありますが、比較的一戸建てが多いエリアと言えます。マンションも相応にあるので、不動産屋に伺うと良いでしょう。